​お問い合わせ

メールでのお問合わせはこちらから▶

  • Facebook Social Icon

TEL : 053-415-8077 (平日9:00~18:00) 

FAX : 053-415-8078
E-MAIL : support@1st-line.co.jp

HP : http://www.01-line.com

〒430-0926 

 静岡県浜松市中区砂山町355-4

ハマキョウレックス浜松駅南ビル4階

Copyright © 2016 First Line Co.,Ltd. All Rights Reserved.

静岡県浜松市の企画営業会社 |  営業企画、、営業代行、ITツールの提案&制作、アジア進出サポート、アジア視察コーディネート、事業企画立案-FirstLine(ファーストライン)

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

カンボジア1日目 その①

2016/11/10

この度、私達FirstLineは海を越え

遥々カンボジアの地に初めて降り立ちました!

 

 

不慣れなカンボジアの旅で色々とご迷惑をかけながら、

現地パートナーさんのご協力の下、

なんとか無事に1日目を終えることが

出来たことにホッとしております。

 

というわけで、本日はFirstLineの内野が

カンボジア視察1日目のご報告をさせて頂きます。

 

 初めて訪れるカンボジア。


空からカンボジアを眺めて見ての感想は、

平地が多いという事でした。

 

後ほど、視察先の会社の方に聞いて見たところ、

カンボジアは標高が高くなく、全体的に平地が多いという事でした。

 

 

雨季には、雨によって道が冠水することが

しばしばあるようですが、水がはけるのも早いという事でした。


ちょうど雨季という事もあって、今も少し、道には水たまりがあり

それもあってか、首都プノンペンでも、道路の整備状況は、

あまり良いとは言えないという感想を持ちました。

 

 プノンペンは、車とバイク、トゥクトゥクが主な交通手段のようです。

聞くと、250cc以下のバイクは、免許の必要がないため、

小学生でもバイクを運転して学校に通うことがあるそうです。

 

その為かバイクの運転はかなり荒く、割り込みやすり抜け、

急な方向転換、時には逆走も目にしました(^_^;)

 

ネットを見たり、話を聞いて散々脅かされていた治安の方ですが、

現地の人に聞くと、それほど心配するほどでもないという事でした。

 

街で見かける殆どの人が若く、夜中でもかなりの数の人が出歩いている印象もあります。

店先や、飲食店で楽しそうに談笑している様子をしばしばみかけました。

 

カンボジアの人の性格ですが、穏やかで素直だという事です。

確かに、ビザ申請の時に対応してくれたおじさんもにこやかで親切でした。

 

企業訪問で行った先の従業員さん達も真面目な印象でしたし、

聞くと仕事で上司に反発などする人は殆どいないという事でした。

 

ただ、怒られるという経験をした事がない人が多いそうで、

日系企業の担当者の方の話ですと、叱ると萎縮してしまうそうです。

また、大勢の前で怒られることも大変嫌うようで、

仕事をやめてしまう原因になるようです。

※カンボジアの方を雇う場合はお気をつけ下さい。

 

そして、仕事をしていく上で、食事の面は大事な要素という事も聞き、

今後、カンボジアの方と関わっていくのには、重要な情報でした。

※それだけでストライキが起こるほどです。

 

このあとは、
現地の学校に行って子供達と触れ合いましたが、

それは次の投稿で^_^

 

【カンボジア視察 1日目 その②】へ続く…

 

FirstLine公式Line@おともだち募集中

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

Share on Facebook
Share on Twitter